« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の19件の記事

【ファッション】Dentsのペッカリーグローブ(UKからの刺客その3)

年末年始に仕込んだUKからの刺客。

本来なら、年始のセールの抑止役になるはずだったモノ達。

そのトリを飾るのがコレです。

P1020390

なにやら大げさな包みに入って到着。比較のため、初代ipod nanoを乗せてみましたが、あまり感覚が分からないような・・・・。

P1020391

大げさかと思いきや、何気に横幅は調度ぐらい。縦は大げさでしたが。

ワインレッドの雰囲気ある箱に入ってきました。

P1020392

で、ようやく中身です。

Dents(デンツ)のペッカリーグローブ、カシミアライニングつきです。

Dentsといえば数ある手袋の中でも名品の一角であることは間違いないでしょう。

その中でもペッカリーという聞き慣れない希少な革を使った一品。

Dentsのウリらしいです。

革の質感は確かに他に類を見ない変わった感覚。

乾いているようで、しっとり柔らかい・・・矛盾した表現ですが、さわったまんまの感触を書くとこうなります。

色はブラック、ブラウンなど定番もありましたが、Dentsのペッカリーならではということを考え、このCORKという黄土色を選択。

他ではあまり見かけない色ですが、アウターが濃い色になりがちな冬ですし、いいアクセントになってくれそうです。

気になるのは、使っていくうちに汚れが目立ちそうな点ですが、味と言えるように育てていきたいところ。

P1020394

内側のベルトもさりげなく気に入っているポイントです。

ちなみにコチラ、サイズは8・1/2になります。

本国の通販サイトのサイズガイドどおりに選んだらピッタリでした。

さて、UKからの刺客ネタなので、肝心のUKから調達した場合のお話を。

正攻法で行くとセレオリのちょっといいラインのジャケットやら、私が買ったクルチアーニよりも高い代物ですが、ポンドのレートが130円付近なら2.6ほどでいけました。

セールで手袋を調達できず思い切って買いましたが、本国を活用してもセレクトショップにあるものを定価で買ったほうが安かったのはご愛嬌です(苦笑)。

ペッカリーでなく、ディアスキンで手を打つって選択肢もあったのですがねえ・・・。

それなら2を割る値段で買えてました。

まあ、いずれペッカリーが欲しくなるでしょうから長い目で見れば合理的な選択だった・・・・・・・

はず。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

【食事】nozaki(銀座)

銀座の粋なバーで食事をしてきました。
今回紹介するお店は(気ままにクラシコ)のジュリさんオススメのお店です。

銀座一丁目の細い路地に佇む大人の隠れ家。

今日はジュリさんと直接お話できて本当にいい週末になりました。

ジュリさん、ワイルドなルックスと繊細な気配りをしてくださる感性を併せ持つ粋なナイスガイでした。

Dsc_0019

ボケてしまっているのが残念ですが、ボリオリのワイトスーツを粋に着こなしているジュリさんです。

よくつぶやかれているとおり、今日も季節感あるニットタイをされています。

で、物欲の権化な二人が飲めば当然、物欲プランの話になります(笑)。

予想したとおり、二人そろって春モノはボリオリのアレ狙い。

今期はアレをプッシュする方針らしいので、今までより入荷する店は多くなりそうな予感です。

ジュリさん情報によると、バーニーズは既にボリオリのアレを入荷しているようです。

で、肝心のお店の料理。

趣味仲間との会話が弾みすぎたのと、料理が美味しかったので画像を一つしか用意できてません。

Dsc_0020

コレは店長さん(店の名前の通り、野崎さん)一押しのオリーブオイルを使った稲庭うどん。

コシがあって、オリーブオイルが香り、醤油あじのさっぱり感がたまりません。

他にもトマトを使った美味しい料理が目白押しです。

【評価】

10点万点中10点!

美味しい、雰囲気いい、店長きさくと三拍子そろったお店です。

【お店情報】

http://ginza-nozaki.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【ファッション】ウォッチボックス(気になるもの)

相変わらず寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、そろそろ年始のセールから春モノに関心が移りつつある時期ですね。

私も春モノのプランは一応あるのですが、他に検討しているものがあります。

それはウォッチボックス。

昨年派手にブレゲを買ったのと、手持ちのモノがいくつかあるのでそろそろまとめて管理できる入れ物が欲しくなってきました。

ハンズなんかで見ると5000~10000円の範囲でそれなりのモノを買えそうですが、ネットでみるとやはり色々でてくるものですね。

こんなのとか。

96079999440_l

こんなの。

Rvt3010cl6bk_1

これらは10000円ちょっとぐらい。

自動巻きのワインディングつきのものなんかだと50000円とかもあります。

しかし、ブレゲやジャガールクルトが手巻きなので、ワインディングはあってもそんなに嬉しくないですねえ。

特に急ぐわけでもないですが、今年中には何かしら手をつけたいと思っているものの一つです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【食事】hole hole(銀座)

銀座のカフェでランチをしてきました。

場所はSHIPS銀座店の近くです。

hole holeという何やら愉快な名前の店。

SHIPS近くのビルの2Fにあります。

で、数あるランチメニューからタコライスを選びました。

P1020199

野菜大目でいい感じ。

ご飯に対する具のバランスも合格です。

食べた感想は普通に美味しい、値段も800円で銀座ランチとしてはかなりお手軽。

SHIPS近くなので、また使うかもしれません。

【評価】

10点満点中8点!

以前ご紹介した新宿のマローネに比べればご飯と具のバランスが取れていて良い。

しかし、食べログの評価がやたら厳しいのが気になりますね。

私が頼んだのがたまたま当たりだったとか?

【お店情報】

http://r.tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13110571/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書評】逃げる中高年、欲望のない若者たち

カンブリア宮殿の司会なんかも担当されている村上龍さんのエッセイ。

タイトルが私の好きなテーマ(笑)なので買ってしまいました。

評価は・・・・5か4か迷いましたが、4ですね。

タイトルはこんなですが、必ずしも世代間闘争ばかり書いているわけではありません。

全体を通して私が思ったのは、上手く表現できない日本の閉塞感であったり、問題の本質を逸らそうとして言葉遊びをしているような現状をわかり易く言い当ててもらった感じ。

ああ、普段もやもやとしていたのはこういうことだったのかという気がします。

特に秀逸だと思ったのが02ですね。私の周りにそのままズバリなのが2,3人いて、思わず喫茶店で吹きかけました。

しかし、全体的に諦観が漂っているのが評価をワンランク落とした点です。日本の現状を正しく描写しているとは思うのですが、その失望感たっぷりな現実を目の前にして、後は沈むのみと言うのではなく、立て直すにはかくあるべしと締めて欲しいところですね。

偉そうなことを言って、私も村上さん同様、かつてのように日本全体が幸せになる見込みは殆どない点は同感だし、日本全体が良くなる術といえば、少なくとも穏便なやり方では全くアイデアがありません。

(私はバブル期の幸せとは無縁だったので、かつての幸せが伝え聞いたものだったり、感覚的なものとしてしか解釈できませんが。)

ただ、そんな中でも私は私と私にかかわった人ぐらいは幸せにできたらいいなとは思っています。

心がけだけで、実際にどれほどのことができているかは怪しいですが。

しかし、欲望の無い若者・・・・このブログにファッション目的で来られる方には縁遠い話ですね(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

【ファッション】JHON SMEDLYのハイネックニット

今回は伊勢丹で理性がやられた話の続編ではなく、UKからの刺客編です。

しょうちんさんの記事を読んで以来、アレコレ画策した結果、UKに3つほどブツを発注しています。

一つはすでにご紹介済みのタテオシアン、そして今日は第二弾。

P1020372

JHON SMEDLY(ジョンスメドレー)のハイネック。

しょうちんさんともろかぶりのホワイトです(笑)。

白のハイネック、欲しかったんですよねー。

ネイビー系のアウターを中心にシャツ代わりに使おうかなーと。

んで、実際に広げてみると・・・・。

P1020373

む?

なんかでかくないか・・・?(画像ではそう見えないかもしれませんが)

サイズはXS。OKと。

袖・・・・はなるほど、どうやら公式サイトの画像を見るにリブは折り返すのかな?

着丈は・・・・・長え・・・・・・。

そうか、ベルトの上でだぶつかせればいいのかフムフム。

と、小細工したら納得の仕上がりに。

身幅なんかは問題なし。

クルチアーニの感覚でいたので、最初はちょっと焦りましたが結果的にこれでよしとしています。

言いかえれば、クルチアーニの方が作りはコンパクトです。

この辺は好みの問題でしょうかね。

ちなみに、皆さんはジョンスメドレー、どうやって着てらっしゃるんでしょうか?

やはり着丈は伸ばさず、クシャッとさせるものなんですかね?

ちなみに、UKから直で取引しましたが、もろもろ込みで結局2.2ほど。

もはや国内セールの方がお得だったりします。

1/2にセール回った時点でホワイトのXSはどこにもなかったので、今回の買い物は満足していますが。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

【ファッション】VALSTARINOのダウンジャケット

えー、twitterでつぶやいたとおり英国からの刺客を呼んだ分、国内のセールは自重するはずだったのですが、伊勢丹で理性がお亡くなりになりました。

で、その結果入手したブツたちを順次、私の理性への手向けの意味もかねて紹介していきたいと思います(笑)。

その1がコレ。

P1020374

VALSTARINO(ヴァルスタリーノ)のダウンジャケット。

画像では黒にみえますが、一応ネイビーです。

正直、全く買う気が無かった。

もっといえば、存在すら知らなかったのですが・・・・。

買ってしまった経緯はこんな感じです。

1、伊勢丹に春物の偵察に。

2、5Fで調査。結果、春物は1/25あたりから入れ始め、ピークは3月あたりらしい。

3、ついでに5F物色。

4、理性がお亡くなりになる。

大雑把にまとめるとこんな感じ。

ヴァルスタリーノはスエードブルゾンに興味があったので、来る今年の秋に向けてどんなもんか見ようとしたら・・・・なんかある。

で、ベージュにサイズ44があり、他の色の在庫を聞いたらコチラが登場。

合わせてみたら、ベージュは色のせいか膨張した感じだったのですが、ネイビーが実に良かったのです。

で、そのときのボトムとの合わせがコチラ。

P1020377

インコのグレーカーゴとの合わせが実に気に入ってしまったのです。

ダウンジャケットですが、見てのとおり形は永世定番ともいえるヴァルスターブルゾンを踏襲しているので、綺麗めカジュアルと相性がいいのかもしれません。

ちなみにコレ、買った後に検索してみましたが全然出てこない。

出てくるのはダウンベストばかりです(笑)。

情報が出回っていなかったおかげで一月の中旬でも残っていたのかもしれません。

しかし、これを手にしたらスエードが余計に気になってきましたねー。

今年の秋、行ってしまうかなー。

ちなみに、スエードのモノは相互リンク貼らせてもらっている一年生パパさん(リニューアルして今は新米パパさん)愛用の一品でもあります。

興味ある方はご一読を。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

【書評】マネジメント信仰が会社を滅ぼす

ここ数年はやり続けているマネジメント関係本ですが、ついにアンチが出ました。

軽い興味で読みましたが、結果的になかなか面白い本でしたね。

評価は星4つで。

著者の主張は企業はマネジメント至上主義を見直し、ビジネスを見直せという、一見すると?な内容です。マネジメントってビジネスをうまくやるためにあるんじゃないの?と。

が、読んでいくと雑に入ってしまえば大企業で言えば管理部門と営業部門で別けると管理部門に重点が置かれすぎているといった内容だったりします。

ここが曲者で、前半はそうやってマネジメントをこき下ろしていくのですが、どうにもマネジメントの解釈をドラッカーの言うマネジメントなんかと比べると定義が違っているように思えます。

言ってしまえば無理やりマネジメントを悪者にしようとしているとしか思えない。

で、前半は無理のある論調で先が思いやられたのですが・・・。

5章あたりから面白くなってきます。

最後までちょっと無理があると言うか、荒削りと言うか、そういった部分はありますが、ある程度納得できる内容です。

イメージ的に、町工場の頑固オヤジがグダグダ言ってないでやることやれといっているような感覚です(笑)。著者はコンサルタントだったらしいですが。

気になった一節はコチラ。

他人のモチベーションをコントロールできる手法があるのならば、親や教師はその方法を使い、世の中は優等生ばかりになっているはずだ・・・(中略)・・・多くの人が「他人のモチベーションをコントロールできる手法が存在する」と信じこもうとしている。

ユダヤ人富豪の教えに続けて似た様な内容・・・・。

私はダメなヤツ(やる気のないヤツと行動が伴わないヤツ)は何をやってもダメと思っていますが、心の奥ではまだ信じこうもうとしている部分があるのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【食事】スンガリー(新宿)

新宿のロシア料理屋に行ってきました。

ロシア料理・・・・ピロシキ、ボルシチと名前だけは聞きますが口にするのは初めてです。

で、不安と期待を胸にたずねてみると・・・・・30分ほど待ち。

ということで適当に時間を潰して再訪。

今回はランチなんですが、土日のランチは1800円台のコースと2500円台のコースのどちらかになります。

で、前者を選択。

P1020356

で、コースとは別にウォッカを注文。ことしはやたら昼から酒を飲む男。アウスレーゼ(笑)。

で、こっからコースの内容です。

P1020358

コレがボルシチ。もっと濃いものを想像していましたがあっさりしてます。

ミネストローネに近い感じですね。濃いのもいいですが、こういうのも私好みでいい感じです。

P1020359

友人も絶賛していたパン。

P1020360

ある意味コレが目玉。ビーフストロガノフ。

コレってロシア料理だったのですねー。今回始めて知りました。

コレがヒジョーに旨いです。

P1020362

で、飲み物はロシア茶とコーヒーから選べます。

当然ロシア茶。で、それに使うジャムです。

私はローズを友人はベリー(だったはず・・・)を使用。

P1020364

デザートもつきます。

これも美味。

それなりにお代ですが、それだけの価値は十分ありました。

今度は夜の部でさらにロシア料理を堪能したいですねー。

あ・・・・サラダの画像撮ってなかった・・・・。

【評価】

10点万点中9点!

ロシア料理の良さに気づかせてもらいました。

【お店情報】

http://r.gnavi.co.jp/g001001/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書評】ユダヤ人大富豪の教え

金持ち父さんなどの資産家本、一冊読んでみたかったんですよね。

で、たまたま見かけたこちらを読んでみました。

結果、私が大富豪になる素質があるかはかなり怪しいところですが、普通に仕事をする上でも役に立つこと満載。星5つです。

内容はいたって簡単と言うか、書いていることが難解なんてことは一切無いです。実践するのは難解なものもありますが(笑)。

面白かったものをいくつか抜粋しますと。

1、人脈

一人の人間は300人ぐらいの知り合いがいるらしいです。なので、300人の知り合いと仲良くなって、それぞれの300人と人脈をつなげてもらえればさらに掛け算で・・・・。

現実は300人のうちの殆どは疎遠なケースが大半でしょうけど、そういう考え方もあるのかと思わされます。

2、お金の法則

Aたくさん稼ぐ、B賢く使う(節約)、Cがっちり守る、D投資する、E分かち合う

だそうです。

私の理想はAよく稼ぎ、Bよく使い、Cよく貯める

だったのですが・・・・・うーむ、やはり「Bよく使い」はダメか(笑)。

それ以前に「Aよく稼ぎ」を実践するのが先決ですが(さらに笑)。

3、ほとんどの人間は人生を良くしたいと考えていない。

なるほどなと、人が良かれと思って諌めても逆に関係が悪化するなんてこともザラですし。

名君の要素に諫言を受け容れるなんてよく言われるのは逆に言えばそれだけ諌められることを受け止められない人が多いことの裏返しなんでしょう。

と、まあ本自体はすごくいいのですが、紀伊国屋で水嶋ヒロの愛読書と紹介されていたので微妙に萎えました。

だから、私はそういうあざといのが苦手なんですって(苦笑)。

まあ、そんなん関係ナシに本自体は良い内容だったのでオススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ファッション】TATEOSSIANの地球儀カフリンクス

年始はセールものの捕獲を自重していたのですが、代わりに別の方向で自重していなかったりします。

その一つがコチラ。

P1020369

TATEOSSIAN(タテオシアン)のカフリンクスです。

ラピスラズリの鮮やかなブルーとゴールドのラインが袖口を華やかに飾ってくれます。

ちなみに大陸は貝や翡翠というけっこうな豪華仕様。

2,3年前に見かけて以来、気になっていたのですが上述した豪華仕様のせいか、値段がなかなか愉快です。

具体的にはPT05やJMデビッドソンのベルトより少々高いぐらい・・・・・。

カフリンクスとしてはかなりのツワモノです。

ちなみに、コレを買うまで私が所持しているカフリンクスは高くても1.5程度・・・・・。

あまりの面白価格に二の足を踏んでいました。

が、昨年末にしょうちんさんのジョンスメ個人輸入記事を見てはたと思いました。

タテオシアンもUKもの・・・・実はなんかあるんじゃなかろうかと。

で、ありました!

そうと分かれば実行あるのみ。本国の通販サイトを見つけ、サイトをチェックするとあるわあるわ・・・・。

で、標的(コレのことです)も発見。オーダーして無事手元に届きました。

気になる価格ですが、1ポンド:127~130円程度であれば関税コミで2.5ほど。普通に買った場合に比べておよそ6~7割程度になります。

セールにかかるような代物ではないので、かなりお得に入手できたと思っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

【ファッション】Berluti

先日、Berluti(ベルルッティ)のカタログをもらってきました。

P1020365

靴は既に所持していますが、やはりカタログを見ると欲しくなりますねー。

形、色どちらも独特で私は好きです。

やったことないですが、色は好みで塗りなおしてもらえますし。

で、今回はどちらかというと、靴よりコチラのほうが目的でした。

P1020366

鞄・・・・というより革小物ですね。

2,3年前から気になっているものがあるんです。

毎年優先順位つけると結果的に後回しになっていますのですが。

今年こそは・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【食事】Please Coffee(新宿)

新宿でとても使える喫茶店を見つけました。

それがコチラ、Please Coffee。

P1020354

西口の地下にあります。

このお店、何がすごいかと言うと、簡単に入れるのです。

私が行った時間は午後1時ちょっと前ぐらいですが、余裕で座れました。

これは新宿の喫茶店ではすごいことです。

スタバなんてまず入れませんし。

で、ココアを頼みました。

P1020353

550円。

まあ、チェーン店に比べてコスパは負けますが、味はいたってマトモ。

新宿で落ち着いて昼下がりを過ごせるなら高くはないです。

【評価】

10点万点中7点!

味はルノアールなんかと似たようなものかな?

場所代を考えれば妥当といったところ。

【お店情報】

http://r.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13053982/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【書評】これからの「正義」の話をしよう

ハーバード大でもっとも受講者を獲得した講義の書籍化・・・・らしいのですが本当か?

正義大好きなアメリカだからそんなに人気があるのか?

私としては星3つの評価です。

一人を殺せば五人助かる状況でどうするか?

高所得者に多く課税する制度は妥当な制度なのか?

当事者でもない世代が、過去の世代の行いを償う必要はあるのか?

etc

扱っているテーマはすごく面白い。そして、提起した問題と、それに対する考察も悪くない・・・・。

のですが、私としては5章に入ってカントの話題になってから違和感を感じ、それ以降の哲学による考察に入ってから一気に興ざめ。

10章で結局は著者の考える正義の押し付け?と思える内容で前半の評価からかなりランクダウンしてしまいました。

世の中には様々な価値観がある。それを再認識するには悪くないですが、それを本気で考えるには扱っている価値観の幅が狭すぎる・・・・・。

結果、高めに設定した期待値に見合わない内容に思えてなりません。

ちなみに、この本によると私の思想はかなり自由至上主義に近いことが分かりました。

これが一番の収穫(笑)?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ファッション】ARIANNAのカシミアシルクストール2

今年はややクールダウンした心境で回ったセール。

その中でも、いいものがあれば優先して買おうと思っていたのがストールとグローブでした。

で、めぼしいものを見つけたのでSHIPS銀座店にて捕獲。

P1020334

またまたARIANNA(アリアンナ)のカシミアシルクストールを買いました!

この肌触りは本当にクセになります。

そして、以前ご紹介したものが淡い配色なので、今回は暗めの濃色を中心に探していたらまたグリーン・・・・ベースは茶色だし、気にしないことにします(笑)。

P1020336

濃色にしたのはこのコートに合わせるためだったりします。

以前ご紹介したアリアンナもわりと合うのですが、締めに濃色を入れてみたいなーと思っていました。

で、合わせて納得。

P1020335

アリアンナ・・・・春ものは自重する予定ですが果たして・・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

【書評】競争と公平感

格差、競争が問題とされる今日この頃。そんな世相を反映してか、この本はけっこう売れているみたいです。

が、私としてはイマイチ・・・評価は星2つ。

副題が市場経済の本当のメリットと書いていますが、それは前半半分未満までに、結論ありきで納得感の無い展開で語られるだけです。

で、後半は競争と公平感というより日本の労働環境を現場感の無い(筆者は学者)観点から改善を提案しています。

まあ、極わずかですが学者ならではの面白い意見もあった気がしますが、大半は現場を知らない人間の机上の空論が多いです。

結論から言うと、私にとっては価格に見合った内容ではないです。

どうしても読みたい方は地元のBOOK OFFあたりで100円になってから買うことをオススメします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【食事】J.S.バーガーズ カフェ (新宿)

2011年初の食事ネタは新宿のJ.S.バーガーズ カフェ になりました。

以前ご紹介したJSパンケーキと同じくJOURNAL STANDARDが展開しているハンバーガー屋です。

今回は年始で気分が大きくなっている?せいもあり、ケーキ付きのBセットにさらにビールまで頼んでしまいました(笑)。

P1020321

四角い物体がチーズケーキです。他にチョコケーキも選べます。

で、肝心のメイン。

P1020322

アボガドバーガーを頼みました。

食べ応えバッチリ。

アボガドのモッチリ感もいい感じです。

やはり個人的にはパンケーキよりバーガーの方が好きですね。

【評価】

10点万点中8点!

マック、モスとは一味違うハンバーガーを食べたいときに。

【お店情報】

http://journal-cafe.jp/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

【ファッション】finamoreのオーダーシャツ(完成)

昨年の秋にオーダーしたfinamore(フィナモレ)のシャツが出来上がりました。

今回は箱つきです(以前ご紹介したものは箱なし)。

P1020223

中身は物欲総括でも書きましたが、グリーン系。

P1020224

改めて完成品を見て、ちと派手にやりすぎたかなーと軽く不安になったりしました(笑)。

が、そもそもさし色に使うコンセプトで作ったのでいいかなーと思いなおしました。

P1020226

無地のネイビージャケットに合わせればこんな感じ。

問題なくさし色です(笑)。

合わせてみたらおおむね想定どおり。

サイズについては流石のオーダー、袖の長さなど完璧です。

色的に春先がもっとも合いそうな気もしますが、いまから着倒します。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

【その他】IS03 au

一日遅いですが、皆さま新年明けましておめでとうございます。

今年は、昨年狂ったように消費(浪費に非ず)したので、今年は去年以上に考えて消費と向き合おうと思います。

それと、このブログは大半がファッションで成り立っていますが、他にも食事、書評の分野も扱っているので、これらも何か抱負らしきものを考えたほうがよさそうですね(言ってしまえば、考えがまとまっていない)。

さて、そんな年始の抱負になっていない抱負を書きつつ、2011年初のネタ・・・・・。

イキナリその他になっちゃいました(笑)。

スマホの流れから完全に取り残されていたauユーザーな私ですが、昨年末からようやくスマホを使い始めました。

auのスマホと言えばの・・・・・

P1020120

IS03です。

この機種ならではってことでオレンジを選択。

と言っても、裏は真っ黒ですが(笑)。

P1020121

これで、いままで殆どやっていなかったTeitterも少しは頻繁を上げてつぶやきたい思っています。

そんなわけで、今日さっそく方々のセールに行き店ごとにつぶやいてみました。

この機種、電池の持ちが悪いとよく言われていますがちゃんと設定して使えばブラウザ1時間使って10分ほど通話、メール4,5件やったぐらいだと朝7時から深夜で電池30~40%は残ります。

電池が怖くて二の足を踏んでいる方はご参考まで。

P1020122

ちなみに、折りたたみ式のガラケーに比べると面積が大きくなった代わりに、薄くなったので結果的にこちらのほうがポケットには収まり易くなりました。

それと余談ですが、いままで公開しなかった最大の理由は使いこなせていなかったからだったりします(笑)。

文字の入力など、勝手が違い少々戸惑っていました。

さてさて、それでは今年もこんな感じで(どんな感じだ?)、鋭意更新をかけていきますのでこれからも当ブログをよろしくお願いいたします。

初記事の締めに、2011年が皆様にとって良い年でありますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »