« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の16件の記事

【ファッション】BOGLIOLI 伊勢丹のKジャケット入荷情報

伊勢丹からBOGLIOLI(ボリオリ)の春モノカタログが届きました。

全部で18ページあるのですが、今回は私が気になっているKジャケットに限定して、入荷予定の品を公開します。

P1020500

こちらはウールのKジャケット。

最もスタンダードな品ですね。素材もウールで安定感があります。

P1020501

こちらはダブル。

これもよさ気ですが、やはり春ものはシングルと思ってしまう私でした。

P1020502

こちらはカナパ(大麻)素材のKジャケット。

昨年シルクリネンの混紡ものを買っているので、今年はウールかなーと思っているのですが、実物を見たらどうなるかわかりませんね。

何より、色の展開が多いのがいいです。

もっとも、ブルー以外はマイサイズ(42)は入荷しないらしいですが・・・・。

P1020503

最後、Kジャケットの中のKジャケット。

カシミアです!

実物見たらすっごく惹かれそうですが、春に保温性バッチリのカシミアは逆にきつそうな気がするので、暑がりな私にはちと無理かもしれません。あと値段(笑)。

Kジャケットの入荷はこれで全部らしいです。

ちなみに、マイサイズは全ての型でブルー、ネイビーのみ。

グリーンなんかも惹かれるのに・・・・。

現地に行って聞いたところ、入荷は三月中旬あたりとのこと。

それと、他のモデルは大体入荷済みですね。

ご要望あれば、カタログに載っているほかのモデルも公開します。

そういえば、最後のページにCHELSEAって変わったモノも載ってましたね。

PS.うめっつさん、こんなんが入ってくるみたいですが、いかがでしょう?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

【書評】とことんやれば、必ずできる 創造力が目を覚ます

以前コチラを読んで以来、結構気になっている経営者さん。

現マクドナルド日本法人の社長、原田泳幸さんの本です。

これはイイ。

評価は星5つです。

この方、読んでいると以下のようなこと信条にしているように思えます。

・スピード重視

・どんどん厳しいチャレンジをする。そして成長する

・言い訳をしない。

・何事も勉強である。

何の実績も無い人にそんなこといわれても、

「あっそう。で?」

と言いたくなりますが、本書では原田さんのすさまじいまでの努力、そして実績の裏づけが書かれており、

「あっそう。」

ではとても済ませられない凄みを感じます。

読んで向上心を刺激されること請け合いです。

さて、気に入った下りをいくつか抜粋しますと・・・・選ぶのが非常に難しいですが、このブログをご覧いただいた方にも参考になりそうという基準で以下3つ。

・苦しみを味わいつくすとタフになる。

・私の英会話克服法。

・プラス要素を五つ数えてから転職する。

骨のある本を読みたい方、いかがでしょうか?

【ISBN】978-4-7612-6243-3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ファッション】Berlutiのアンディ

昨日、東京で春一番が吹き、春モノの調達を真剣に検討したいと思う今日この頃なアウスレーゼです。

まあ、実際は仕事が立て込んでいて、実際はそうもいかないのですが(苦笑)。

さて、そんな有様で、春モノはスーツを一着仕込んだのみ。

新しいネタがないので、手持ちのネタを引っ張り出すことにしました。

P1020348

Berluti(ベルルッティ)のアンディ。

以前タトゥを紹介しましたが、実はコチラが私のファーストベルだったりします。

ベルを買うときはまずは茶靴!と決めていたのです。

青山の本店で購入して、かれこれ4年ほど履いていますね。

その間、2,3回にわか雨にあったりもしていますが思いのほか深刻なダメージは受けていません。

ベネチアンレザー強し。

P1020351_2

あと、手入れですが市販のクリームで2~4ヶ月に一回磨く程度です。

ベルと言えばのシャンパンとかは使いません(笑)。

基本的に、続けれらないことはしない主義の私、

あまり変わったことをしてもめんどくさくなりそうなので、最低限必要な手入れにとどめています。

P1020489 

しかし、こうやって改めて見直すとやはりイイ色です。

画像では分かりにくいかもしれませんが、黄緑がかった独特の色なんです。

どこかで高級靴を買うなら色使いのよさが際立つ茶靴にするべきみたいなことが書いてありましたが、その通りかもしません。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

【ファッション】BREUERのカリグラフィタイ(気になるもの)

BEYSを見ていたらよさ気なタイを発見。

352373_c

http://www.beyes.jp/men/item/352373

細かい柄の入ったタイです。

3色あるようですが、中でも画像を載せているコレが面白いですね。

各国の通貨記号が柄になっています。

ユニークな柄だし、通貨ってことで金運的にもいいかも(笑)。

色もこれからの季節にぴったりだし、そそられますねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書評】頭がよくなる「図解思考」の技術

最近、何かと説明資料を作る機会が増えました。

で、今まであまり作っていなかったので、やはり上手く作れない。

そんな悩める私にとって、丁度よさそうな本を見つけました。

読み終わって、簡単で(実践は少々難しい部分もありますが)すぐ使える、即効性がある本だと思います。評価は星4つ。

内容は至って簡単です。

様々な情報を図で表してしまおうというもの。

実際、文字で書いても理解してもらえなかったものが、図にしたら分かってもらえるって結構ありませんか?

で、この本はそんな色々な仕事で出くわす情報を図解化する基礎を教えてくれます。

個人的に良かったと思うのが、図解の6つのテンプレートを提示してくれている点。

知っている人にとっては当たり前のことかもしれませんが、図解説明ビギナーな私は知っていても、実際に使いこなせていないケースが多いので、改めて図解の6つのパターンを見せてもらえたのは良かったですね。

この本のおかげで、ここのところ私のノートはつたない図がたくさん書いてあります(笑)。

あと、先日友人に私が働く業界を説明する機会があったのですが、その際も口で説明した後、図を書いたら見た瞬間に「ああ、そういうこと。」と言われました。

ちょっとした図を書くだけでも理解って深まるものだなーと思った一幕ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ファッション】物欲と使用頻度のバランスを考える

伊勢丹からKジャケの連絡がこないのをじれったく思う一方で、来月予算での買い物になりそうと安堵もしている複雑な心境のアウスレーゼです。

さて、今回はいつもとやや趣向を変えて単純なモノの紹介、セール情報以外のネタにしてみました。

ズバリ、物欲と使用頻度のバランス!

このブログでファッションネタを読んで下さっている方はだいたいファッション好きな方だと思います。

で、我々のようなファッション好きは、基本的に服を買えば幸せに浸れるのですが、その一方で服に対して色々な悩みがあると思います。

ぱっと思いついたモノで以下4つほど。

1、お財布:やはりコレが一番でしょうか(笑)。

2、置き場所:コレも大体悩まれているのでは?

3、手入れ:モノによりますが、アウターやニットが増えるとお財布にも影響しますね。

4、どれだけ着られるか:いわゆる持ちの話もありますが、その一方で色々アイテムが増えてくると登板回数がどうなるんだろ?と思うわけです。

今回は後者、登板回数を取り上げます。

で、1コーディネート引っ張り出して考えてみましょう。

P1020468

例:アウスレーゼの休日出勤スタイル(笑)。

さり気に休日出勤したストレスを吐き出しつつコーディネートをさらしてみました。

上半身から順に・・・・

・ボリオリのジャケット(二年前に購入)

・ドレステリアのハイネックニット(5年以上前に購入)

・PT05のデニム(昨年秋に購入)

・オールデンのプレーントゥ(昨年秋に購入)

です。

アイテムによって着られる期間など変わってきますが、今回はジャケットを軸にして4ヶ月間でどれほど着ているか、あるいは着られる見込みか考えてみました。

・ボリオリのジャケット

ジャケパン不可なのでOFF専用。だいたい週末に一回着る。

悪天候だったりで着ない週もあるので、3回/月x4ヶ月=12回。

・ドレステリアのハイネックニット

これはヤバイです。シャツなんかと競合するので、月に2回ぐらいでしょうか?

2回/月x4ヶ月=8回。

・PT05のデニム

これもさり気に競合あり。月に2回ぐらい?

2回/月x4ヶ月=8回。

・オールデンのプレーントゥ

履くときは週にON、OFF各一回、でも悪天候だと全く履けない。月にして4回が妥当?

4回/月x4ヶ月=16回。

さて、私は買った服は年に10回、それを最低5年は使い続けたいなと思っていたりします。

靴はちょっと基準が変わりますけどね。

で、話を戻すとニットとデニムがアウトっぽいですねー。

しかし、デニムは実際は4ヶ月以上使うので問題ナシ。

問題はニット。まあ、インナーですからアウターよりは痛み易いし、このぐらい頻度が低くてもいいのかもしれません。

しかし、調子に乗ってここからさらにジョンスメやクルチアーニなんかのハイネックやらに手を出すと、結局着るのは年5回とかになりかねない・・・・。

さすがにせっかくの品がもったいないですねー。

一方、ジャケットですが今回基準はクリアしてましたが、コチラはニットやボトムに比べればカナリ良い値段がします。

そうすると秋冬であればボリオリが2着。ヴァルのダウン着るときはジャケット着ないし・・・・さらにこの秋冬はヴァルのスエード狙ってるし・・・・。

とか考えると秋冬のジャケットは今年は自重かなーとか。

まあ、最近はこんなことにも悩みつつ買うものを物色しています。

皆様はいかがでしょうか?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

【食事】とことんちゃん(新宿)

友人に新宿の韓国料理屋を紹介してもらいました。

場所は歌舞伎町の入り口あたり。

あのあたりによくある小さめな雑居ビルにあるお店。

入ってみるとリーズナブルで美味しいと言う評判に相応しくなかなかの繁盛振り。

今回のお店は食べ放題で、飲み放題です。

で、頼むとイキナリコレ!

P1020382

豪快なサムギョプサル!

見るからに良い感じです。

さらにこちら、店長自らが焼いてくれます。

サービス精神旺盛で好感。

P1020383

本場韓国スタイルのやたら出る各種キムチ。

5年ほど前に行った韓国を思い出します。

P1020385

チヂミもあります。

食べ放題なのでおかわり自由。

味もバッチリです。

しかし、サムギョプサルがボリュームあるし、そんなにおかわりできないです(笑)。

【評価】

10点万点中8点!

飲み放題つきで一人3500円。味よし、コスパよし。

同姓で飲んで食べて語って!という用途に最適。

【お店情報】

http://r.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13036718/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【ファッション】SHIPSオーダースーツフェア(2011年春)

ブログ仲間が次々と春に向けて名品を手にしている傍ら、入荷待ちの品が入らず物欲をもてあましているアウスレーゼです。

そんなさなか、ある意味恒例行事の案内が来たのでショップに出向いてきました。

ネタはまたっすか?

と言われそうなSHIPSのスーツオーダーキャンペーン。

昨年秋はなぜか割引ではなく、ポイントサービスでしたが今回はいつもどおりの10%OFFです。

昨年秋にお世話になった銀座のTailorring Houseにて記事を物色することに。

なんどオーダーしても、生地を物色している最中は楽しさと不安が入り混じった心境になりますねー。

基本、楽しいんですが生地だけで見ると形になったらどうなるんだろうと言う一抹の不安が抜けないんですよね。

そんな複雑な?ことを考えつつ、担当のNさんに色や価格、ブランドなどの要望をお伝えした結果、今回はこんな生地でオーダーすることに。

Dsc_0040_2

ライトグレーにパープルのストライプ。

ロロ・ピアーナの生地を少し変わったルートで仕入れたお値打ちの生地です。

ロロ・ピアーナの生地ですが、12弱でオーダーできました。

で、さらに10%OFFだから10ちょっと。ロロ・ピアーナの生地でオーダーしたことを考えればけっこうお得に作れた方かと。

実際はさらに年末年始の散財で稼いだサービスチケットの恩恵が加わりさらにお得に。

ちなみに私、ライトグレーのスーツは持ち合わせがないのです。

他にも細かい仕様で初の要素を入れてみました。

完成が待ち遠しいですねー。 

そうそう、今回のキャンペーンは2/27まで受け付けています。

今から春先に向けたスーツの仕込みにいかがでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【書評】40歳から伸びる人、40歳で止まる人

今時点でアラサーの私、10年すればアラフォーです。

で、仕事を通じて私が体感したことは、およそ物事とは準備をしたかしないかで成否が分かれる。

で、あれば自分のアラフォーに向けた準備をしたほうが良いだろうと言うノリで買いました。

感想はなかなか良かった。星4つです。

特に印象に残ったのが、40代のうちに仕事外の人付き合いをしておくべしという内容。

50からだと、新しい対人関係を気づくのは難しいのだとか。

これには色々理由があるのでしょうが、やはり大きいのは体力なんでしょうかね。

あとは気力かな?

まだ所帯を持っていない私ですが、夫婦のありかたについての内容もなかなか面白かったですね。

特に「夫婦はお互いに理解し合えると思わないこと」は秀逸。

夫婦は理解しあえないから、目標を作ってそちらに目を向けたほうが上手くいくのだとか。

いままで付き合った女性を振り返るとそんなもんかもしれないなーと。

値段もボリュームも手軽なので息抜きに読めるのでオススメです。

ISBN:4-569-66467-9

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【その他】ブログ開設一周年!

早いもので、この「夢幻の欲望」も開設してから一年が経ちました。

ブログ仲間のジュリさんとは一ヶ月違いですね。

アラサーになり、inputするだけでなく、何かしらoutputしたいという思い付きから始めたブログ。

私が人に興味を持ってもらえそうな、何かしら有意義な話題を提供できるジャンルは何だろうと考えた結果、ファッション、食事、書評という3つを軸にすることに決め今日までアレコレ200を越える記事を書き続けました。

そんな私の記事に何かしらの意義を見出し、当ブログを見に来ていただいている皆様、ありがとうございます。

特に、そのなかでもコメントを下さっている方々には本当に感謝です。

フィードバックがあると励みになることをコメントをもらうたびに実感している次第です。

さて、今回は当ブログのコンセプトなど3点ほど書いてみようと思います。

1、一消費者として生の声を載せる

ページの頭にあるとおり当ブログは良くも悪くも私、アウスレーゼが手にしたもの、見たもの、欲しいものを書き綴るブログです。

言い換えれば、私の感性による独断と偏見に満ちたブログと言えます(笑)。

ただ、独断と偏見であるからこそ一消費者としての生々しすぎる声を発信したいと思っていますし、そうしてきたつもりです。

あまりネガティブなことは書かなつもりですが、良いことも悪いことも含め、一消費者としての生の声を書き続けたいと思っています。

その方が見ていただいている方の参考になるでしょうし。いいことばかり書いてたらただのセールスサイトみたいなもんですからね。

ちなみに、ファッションは基本的に自分が吟味して買ったものを載せるのでネガティブな要素は入り込みにくいし、食事も自分が調べて行きたいところに行くので、ネガティブなコメントの発生率は書評がダントツで多くなる傾向にあります。

2、載せる以上は使える情報を

このブログ、先に書いたとおり何かしらoutputを出したいとう考えがあって書いています。

故に、私が気に入ったものを買った、食べたいものを食べた。で終わっては意味が無いと思っています。

なので、私の記事をみて記事の品、店に興味を持っていただけた方がアクセスできるように原則、ファッションであれば入手した場所、食事であればお店の情報を記載するようにしています。

ファッションについては安く買う術がある場合はそれも多少ぼかしてではありますが書くようにしています。

最近は安く買う方法をあからさまに書きすぎると問題ありそうな風潮もあるのでぼかさなくてはいけないのが残念ではありますが。

3、食事、書評の点数について

食事と書評には点数をつけていますが、明確な基準を公開していないのでこの場を借りて公開させていただきます。

結局、私の独断と偏見、さらにはある程度気分も混じってしまっていますのでおよその目安ぐらいに思ってください。

【食事】

・10点:文句なしに良いお店。取っておきにできるレベル

・9点:文句なしに良いお店。是非再訪したい。または既にしている。

・8点:使えるお店。機会があれば再訪する予定。

・7点:それなりのお店。その地域で他に選択肢がなければ再訪もアリ。

・6点:それなりのお店。訪問した日の食事としては合格点。

・5点:それなりのお店。一回限りの訪問なら許せるレベル。

・4点:イマイチなお店。不満はあったけど許せるレベル。

・3点:イマイチなお店。もはや人には勧められないレベル。

・2点:ダメなお店。人に行かないように忠告したいレベル。

・1点:ダメなお店。もはや救いようが無いレベル。

8以上は人に安心してオススメできるレベル。

5~7は個人的には悪くないけど人に積極的にオススメするか迷うレベル。

4以下は人にオススメできないレベルですね。

今のところ5以下はつけたことないですし、今後もそういう店には入りたくないものです。

【書評】

・5点:とても満足。人にオススメできるレベル。

・4点:満足。これも人にオススメできるレベル。

・3点:無駄では無いと思えるレベル。人にオススメするほどではない。

・2点:定価では買いたくないレベル。内容はイマイチ。買うなら中古で十分。

・1点:駄書。時間の無駄、あるいは不愉快な内容であり、人にやめとくように忠告したいレベル。

さて、長々と書きましたが、これからも基本はこんな調子で、3本柱をベースに記事を書いていくつもりです。

・こんな服着る人はこんな食事するんだ?とか、こんなことを考えてこんな本読むんだ?といったジャンル間をつなげて一消費者のライフスタイルのようなものをお楽しみいただく。

・ここで提供させていただいた情報が皆様の買い物の参考になる。

・純粋に記事を見て楽しんでもらう。

・・・・etc

当ブログが皆様にとって「楽しい」、「役に立つ」を提供できれば幸いです。

それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

あ、twitterのほうも興味持っていただけたらフォローお願いします(笑)。

| | コメント (14) | トラックバック (1)

【食事】ボンディ(神保町)

ブログ仲間のシナモンさんが紹介されていたカレー屋に行ってきました。

場所は古本屋の奥。

冗談ではなく、本当に古本屋の2階奥にあります。

正直、駅からすごく近いのですが、たどり着くまで何度も階段を往復して10分ほどかかりました(笑)。

まず、こんな感じで豪快にジャガイモが出てきます。

普通のカレー屋のサラダ代わりでしょうか?

P1020415

ホクホクで美味しいです。バターつきなのもGOOD。

P1020416

ライスにはチーズがまぶしてあります。

これはユニークですね。

P1020417

で、肝心のカレー。

コレはビーフカレーです。

肉がゴロゴロ入っていて良い感じ。

ちなみに、このお店。辛さを甘口、中辛、辛から選べます。

今回は中辛にしました。

中辛の名に違わずほど良い辛さ。

スパイスの効き具合も良い感じ。

味はかなりのものですね。

これでコスパがよければ言うことナシです。

【評価】

10点万点中8点!

味は9点ですが、1450円・・・ランチに食べるカレーとしてはもう一頑張りして欲しいところ。

【お店情報】

http://r.tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13000439/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【書評】売れる「じぶん」を作る

モノを売ることの難しさ、重要性を体感している今日この頃。

書店でふと目に付いたので買ってしまいました。

結果、とても満足です。評価は星5つ。

売れる「じぶん」というタイトルですが、私の感想は(ビジネスの世界で)生き生きとするための考え方が詰まっている本。そんな気がします。

仕事に行き詰ったとき、やる気が出ないときに読むもよし。

逆に、気力が充実しているときに参考になるものが欲しいときにも使えると思います。

以下、私の印象に残ったものを。

1、ちょっとだけ「背伸び」した努力で。新たな道が切り開けてくる

ちょっとというのがミソ。ハナからむりな背伸びだとやる気が起きないとか、できなくてもハナから無理ってわかってるでしょ?と開き直りがち。

2、計画を立てて、「偶然」を「必然」へと変えていく

計画を立て、準備すれば偶然すら活用できる。分かっているつもりですが、こうやって本を読んで定期的に確認しないとついつい計画作るの怠けてしまうんですよねー。

3、自分に謙虚になって時には相手に引っ張ってもらう

最近特に人に気分良く動いてもらうことの重要性を意識するようになりました。

そのためにはやはり謙虚でないといけないですね。

特に難しいのが自分でもできてしまうこと。

自分でできてしまうので謙虚になって人にお願いするのが難しかったりしますが、

ものによっては自分でやるより断然良い結果になったりします。

そういえば、かのヘンリーフォードも

「自分以外の人間に頼むことができて、しかも彼らの方がうまくやってくれるとしたら自分でやる必要はない。」

と残していましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ファッション】CRUCIANIのカシミアシルクニット

1月中旬に伊勢丹でまさかのセール品を買ってしまったアウスレーゼです。

以前、ヴァルスターのダウンを公開させていただいたのですが、実はまだ余罪があります。

別名、私の理性を葬った下手人(笑)。

で、ブツはコチラです。

P1020379

CRUCIANI(クルチアーニ)のニット。

サックスブルーが爽やかな一品です。

コレのウリはなんといっても素材。

P1020380

カシミアシルクなんです!

カシミアシルクのよさはアリアンナでこれでもかってほどに実感しています。

手触りが最高過ぎ。

定価だと5の後半ぐらいだったので、無理と思っていましたが、それのマイサイズがまさか1月中旬に残っているとは思わず、ブツを目の当たりにしたら見事に理性が死にました(笑)。

サイズ感も44でバッチリ。

クルチアーニの魅力はやはりその細身っぷりですね。

サックスブルーはネイビーとの相性がとてもいいです。

なので、春先にインディゴのデニムと合わせるのもいいかなーと思っています。

と、いいつつ試しの合わせ画像はこんなんですが。

P1020381

| | コメント (10) | トラックバック (0)

【ファッション】なんか来た(Breguet)

家に帰ったらポストに何やらイカツイ包みが刺さっていました。

なんだろうと恐る恐る引き抜いてみることに・・・・・・。

で、見たら。

昨年に思い切って買ったBreguetからのものらしい。

はて?

P1020399

大きさは先日ご紹介したDentsの内箱ぐらい。

カタログにしてはでかいよな・・・・と思ったら。

P1020401

カタログでした。

デカイ!そして重い!

角で殴ったらいい凶器になりそうです(笑)。

せっかくなので中を見ると・・・・。

P1020402

P1020403

こんなのがアレコレ載っていました。

トゥールビヨンが10点では生ぬるいぐらい・・・・。

他にも女性向けのジュエリーウォッチなんかも色々と。

見ていて良い!と思うものはたくさんあるのですが、流石に昨年買ったばかりなのと、

あまりにぶっ飛んだクラスのものが多すぎて欲しい!とはならないですね。

っていうか、なったら破産街道まっしぐらです(苦笑)。

とはいえ、アラフォーちょい前ぐらいにムーンフェイズクラスのモノは欲しいかも。

っていうか、ムーンフェイズ好きなんですよね。持ってないけど。

いずれこのクラスのモノを手にしたいものです。

色々見て、物欲抜きに純粋な目の保養をしてから、備え付けの封筒の中を見て納得。

正規店で購入するとスイス本国の顧客台帳に名前を登録できるんですが、

その結果、挨拶代わりに送ってきた模様。

しかし、派手な挨拶ですねー。

余談ですが、手紙はスイス語ではなく英語だったので、私にも判読できました(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

【食事】和楽紅屋 和ラスク (東京)

和スイーツを買ってみました。

向かったのは東京大丸の一階にあるお店。

和ラスクという変わった品を扱っているお店です。

で、味つきなど色々あるのですがプレーンはこんな袋に入っています。

P1020386

中は一個一個包装されているので使い勝手も良好。

P1020387

で、中身はこうなっています。

P1020388

見た目は・・・・・普通ですね。

しかし、コレが素朴でいてすごく旨い。

噛むと砂糖とバターがジュワッと染み出して甘みが広がります。

素朴ですが、薄すぎることのないいい味加減です。

お茶請けに最適なお菓子ですね。

ちなみにコチラ、ファッション関係でお世話になっているブログ仲間のJulieOさん(通称ジュリさん)に進呈したブツのプレーン版だったりします。

時系列的には私がプレーン食べたのが先で、プレーンの味がOKだったので土台が良ければ味つきもOKだろうということでの進呈だったのです。

実際はお土産買うのを言い訳に自分の趣味を充足しただけって話もありますが(笑)。

【評価】

さっぱり素朴。でも味はしっかり。いぶし銀な美味しさです。

ガッツリ甘いスイーツが苦手な方には特にオススメです。

【お店情報】

http://www.waraku-beniya.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書評】ランニングの作法

趣味の一環で週末に皇居ランしたりするのですが、基本的に何も考えず我流で走っているので手引きを読んでみようと思い購入。

一番の理由は膝の故障なんですけどね(苦笑)。

評価は可も不可もなく、星3つ。

HOW TO本というか、手引きの本として平均的なできですかね?

これから走ろうと言う人、既に走っているけど私のように我流でやっている人で、フルマラソンレベルはまだまだという人なら読めば何かしら参考になると思います。

私は目下、足指ジャンケンを夜な夜な取り入れています(笑)。

あと、「安全にマラソンに挑む」は身にしみました。

早く再起したいですね、ホント。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »