« 【ファッション】CRUCIANIのカシミアシルクニット | トップページ | 【食事】ボンディ(神保町) »

【書評】売れる「じぶん」を作る

モノを売ることの難しさ、重要性を体感している今日この頃。

書店でふと目に付いたので買ってしまいました。

結果、とても満足です。評価は星5つ。

売れる「じぶん」というタイトルですが、私の感想は(ビジネスの世界で)生き生きとするための考え方が詰まっている本。そんな気がします。

仕事に行き詰ったとき、やる気が出ないときに読むもよし。

逆に、気力が充実しているときに参考になるものが欲しいときにも使えると思います。

以下、私の印象に残ったものを。

1、ちょっとだけ「背伸び」した努力で。新たな道が切り開けてくる

ちょっとというのがミソ。ハナからむりな背伸びだとやる気が起きないとか、できなくてもハナから無理ってわかってるでしょ?と開き直りがち。

2、計画を立てて、「偶然」を「必然」へと変えていく

計画を立て、準備すれば偶然すら活用できる。分かっているつもりですが、こうやって本を読んで定期的に確認しないとついつい計画作るの怠けてしまうんですよねー。

3、自分に謙虚になって時には相手に引っ張ってもらう

最近特に人に気分良く動いてもらうことの重要性を意識するようになりました。

そのためにはやはり謙虚でないといけないですね。

特に難しいのが自分でもできてしまうこと。

自分でできてしまうので謙虚になって人にお願いするのが難しかったりしますが、

ものによっては自分でやるより断然良い結果になったりします。

そういえば、かのヘンリーフォードも

「自分以外の人間に頼むことができて、しかも彼らの方がうまくやってくれるとしたら自分でやる必要はない。」

と残していましたね。

|

« 【ファッション】CRUCIANIのカシミアシルクニット | トップページ | 【食事】ボンディ(神保町) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553740/50795593

この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】売れる「じぶん」を作る:

« 【ファッション】CRUCIANIのカシミアシルクニット | トップページ | 【食事】ボンディ(神保町) »