« 【ファッション】東京Kジャケット事情(BOGLIOLI) | トップページ | 【食事】ママチプ(新橋) »

【書評】30代は「話し方」で9割変わる

話し方、ややもすれば小手先のテクニックと思いがちです。

かく言う私も社会人になりたての頃、本質は話の内容であって、話し方ばかり工夫しても意味がないと思っていました。

が、社会に出て数年、言い方というのも大事だと思うようになりました。

友人に言わせると、私は言い方がキツイことがあるのだとか・・・・・。

まあ、そんなこんなで読んでみました。

結果、なかなかいい本だと思います。評価は星四つ。

内容はそれほど目新しいものでもないですが、忘れがちなこと、分かっていてもできていないことに気づける、そんな内容ですね。

以下、印象に残ったものを3点ほど。

1、考える習慣があれば話題に困らない

もっともだと思います。日々、ニュースはいくらでもあるわけで、そのうちのいくつかに関心を向ければおのずと話題を提供できるのではないかと思います。

今なら震災・・・は当たり前すぎますかね?

他にニュースではないですが今なら花粉症なんかも話題になるのではないでしょうか?私ならかなり食いつきますね(笑)。

2、交渉におけるドミノ効果

コレは気づかずに実践している方も多いのでは?

誰かにうんと言わせるのに、賛成者をあらかじめ作ってから聞きに行くなんてのが典型的な例ではないでしょうか?

3、リーダーに必要な「与える力」と「受け入れる力」

これはどちらかというと後者が要注意な気がします。

リーダーになる人ならある程度は能力があるでしょうから、「与える」ことは気にしなくてもできるのではないでしょうか?

でも、「受け容れる力」は逆に気をつけないと忘れられがちなのでは?

例えば、自分のやり方を押し付けて、部下の言い分を聞かなかったりとか・・・。

やり方の問題ではないですが、ミスがあったときに、

「ミスしたのはしょうがないけど、どう取り戻すの?いや、経緯とか終わったことはどうでもいいからさ・・・・・。」

なーんてのはマズイのかなと。前向きに話を進めているつもりでも、一応は経緯ぐらい聞いてあげたほうがいいのかもしれません。

ああ、書いてて軽く自己嫌悪・・・・。

【ISBN】978-4-7667-2011-2

|

« 【ファッション】東京Kジャケット事情(BOGLIOLI) | トップページ | 【食事】ママチプ(新橋) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553740/51209524

この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】30代は「話し方」で9割変わる:

« 【ファッション】東京Kジャケット事情(BOGLIOLI) | トップページ | 【食事】ママチプ(新橋) »