« 【食事】リストランテ・フィオレンツァ(京橋) | トップページ | 【ファッション】財布考 »

【書評】遠足型消費の時代

人が物を買う動機、ビジネスマンをやっている以上、当然気になります。

ってことで読んでみました。

なんというか、すっごく女性の感性で書かれた本ですね。

普段読むビジネス書とは違った感覚で楽しめました。評価は星四つ。

冒頭に「お父さん」度チェックがあるのですが、私は10問中、3つしか分からず見事にお父さんの仲間入りを果たしました(笑)。

さて、この本ですがテーマはイマドキの女こどもがどんなものを好き好んで買うか?といったところでしょうか?

いわく、今の女こどもはギラギラした海外旅行型消費(ハイブランドなんかもコレに含まれるらしい)よりも、キラキラした遠足型消費に向かっているのだとか。

じゃあ、遠足型消費って何?

となりますが、まとめてしまうと大掛であったり、高価ではないけど非日常を味わえるモノ(あるいは場所)だそうです。

で、女性はそれを求めてショッピングモールやらイケアに行って要らないものでも買ってしまう・・・・。

うーん、私の女友達にショッピングモールやイケアが好きな娘っていたかなあ?

今度聞いてみるか・・・。

まあ、私の身の回りはさておき、世の女性(女こどもと表記されていますが、読んでいてあまり子供の要素は感じませんでした)、プチ贅沢的なキラキラしたものにときめくらしいです。

しかし、この本を読んで通勤電車を良く見ると心なしかヴィトンの鞄を持つ女性が減ったような・・・気のせいですかね?

【ISBN】978-4-02-273387-0

|

« 【食事】リストランテ・フィオレンツァ(京橋) | トップページ | 【ファッション】財布考 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553740/51769476

この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】遠足型消費の時代:

« 【食事】リストランテ・フィオレンツァ(京橋) | トップページ | 【ファッション】財布考 »