« 【書評】10月に読んだ本(3冊) | トップページ | 【ファッション】秋冬パンツ戦力確認(コットンパンツ編) »

【育児】限界な時はシッター

生れて2か月前後の子供がいると、どうしても行動が制約されます。

具体的にいえば、必ず誰かが子供を見ていなくてはなりません。

まあ、あたりまえですよね。

我が家は夫婦2人でいるときは妻と私で育児対応をしているので、2人で調整してどちらかが2,3時間外出することも少なくありません。

当然、この運用をするには最低でも両者が「ミルク」、「オムツがえ」、「とりあえずあやす」ができる必要があります。

さて、そうはいってもお互いのキャパに限界が来たり、お互いのやりたいことの予定が被ったり、あるいは夫婦で出かける必要がある場合、問題になります。

お互いのキャパだけでなく、どちらかのキャパの限界が着た場合もそうかもしれません。

どちらかが潰れてしまったら、2人で負担していたものが1人に降りかかるのですから。

そうなる前に手を打ちたいものです。

そんなときに頼りになるのがベビーシッター。

市や区役所の子育て支援課に問い合わせると役所から何社かシッターを紹介してもらえます。

シッターに預けるにしても、手元に置いているだけで放置していたとか、最悪、虐待していたなんて悪いニュースをたまにききますが、役所と付き合いがあるところなら適当にWebで見つけたシッターよりは安心できますよね。

我が家が利用させていただいたシッターは預けていた時間のレポートを書いてくれており、帰ってきた娘もご機嫌でした。ちゃんと相手をしてもらったのでしょう。

ついでに、これは特殊なケースですが、娘が吐いて服を汚してしまったらしいのですが、ちゃんと着替えさせてくれていて、その服はサービスでいただけちゃいました(笑)。

ちなみに、コストはだいたい1500~2000円/時といったところ。

シッターによりますが、深夜の預けに対応しているところもあり、夜泣きの対応に限界を感じているなら夜~翌朝とあずけるのもいいかもしれません。

信頼できるシッターに預けてたまには息抜き。

長い育児で、要所要所の息抜きは不可欠だと思います。

|

« 【書評】10月に読んだ本(3冊) | トップページ | 【ファッション】秋冬パンツ戦力確認(コットンパンツ編) »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553740/58547326

この記事へのトラックバック一覧です: 【育児】限界な時はシッター:

« 【書評】10月に読んだ本(3冊) | トップページ | 【ファッション】秋冬パンツ戦力確認(コットンパンツ編) »